メンチカツには醤油でしょ!!

ITエンジニア徒然 (AWS/Java/Node.js/Google Apps Script/Spreadsheets/Docker/Jenkins/コミュニティ・勉強会レポ)

Twilioを使ってAPIから電話をかけてみた #devsumi 番外編

経緯

APIから電話が発着信ができる時代です。前々からなんとなく知ってはいたのですが、デブサミにブース出展されていたこともあり、ちょっと書いてみました。

一般の携帯電話契約にありがちな事務手数料・プランの2年縛りなどがなく、
1つの050番号が月々108円で、番号を取得していない間はこの料金はかからず、
携帯電話宛なら1分16.2円という所が今回ちょっと試してみようかと思った経緯です。

twilio.kddi-web.com

登録

f:id:ryoichi0102:20180217103513p:plain

パスワードは14文字〜です。
用途などまだ決まってない方にも、I'm just exploring / I don't have a project in my mind yet / Not a production App あたりの選択肢があるので大丈夫です。

f:id:ryoichi0102:20180217103527p:plain

ここで自分の電話番号を認証させます。
※ ここで入力する番号から発信したりするのではなく、単に本人確認のためです。
電話番号は国番号(日本は+81)から始まるので、080-****-****であれば+8180********となります。

f:id:ryoichi0102:20180217103537p:plain

SMSに送られてきた4桁の認証用の数値を入力します。

f:id:ryoichi0102:20180217103549p:plain

認証が完了するとProject名の入力を求められます。

f:id:ryoichi0102:20180217103558p:plain

これで登録が完了した感がありますね。
APIを呼び出す時はここで表示されているアカウントSIDAUTH TOKENを使います。

f:id:ryoichi0102:20180217103610p:plain

サイドメニューの下部のハンバーガー (○の中に…が書いてあるアイコン)を押すと、サイドメニューに表示する機能が選べます。ピン留めもできますね。

f:id:ryoichi0102:20180217103620p:plain

サイドメニューの#の所が電話番号の一覧です。
ここで、"最初のTwilio電話番号を取得"ボタンをクリック。

f:id:ryoichi0102:20180217103629p:plain

すると、電話番号がサジェストされますが、だいたい気に入らない場合が多いと思います。横にある"別の番号を検索する"リンクをクリックします。
表示は国番号からの表示なので、+8150********は、050-****-****と読み替えます。

f:id:ryoichi0102:20180217103642p:plain

取得可能な電話番号が検索できます。個人的にこの機能気に入ってます!
国はJapanを選択。
ちなみに、JapanからはVoice(音声電話)とFaxの発信が選択できます。
テキストボックスの"番号"に希望の番号を入力して、
セレクトボックスから、
・Anywhere in number : 指定の番号をどこかに含む
・First part of number : 指定の番号から始まる
・Last part of number : 指定の番号で終わる
を選択します。
SMSを利用する場合は海外の場合を取得します。
(SMSの場合の料金は国際電話の料金になります。今後のアップデートに期待)

f:id:ryoichi0102:20180217103651p:plain

はい、検索されました。"この番号を選択"ボタンをクリック。

f:id:ryoichi0102:20180217103702p:plain

これで、番号が取得できました!

f:id:ryoichi0102:20180217103709p:plain

一覧にも表示されています。
さらに追加する場合は、一覧上部の赤丸+アイコンをクリックです。
(これちょっとわかりにくい…)

f:id:ryoichi0102:20180217103718p:plain

実装

・電話番号
・アカウントSID
・AUTH TOKEN
が揃ったところで、電話をかけてみましょう。

下記に実装例を書いてみました。
当然、上記の3つの情報は環境変数設定です。

github.com

ビルドしてAWS LambdaにデプロイすればcallToに指定した電話番号に電話がかけられます!

デブサミ中に何度もブースに足を運んでQAしてわかったこと

実装上の質問などなど、その場で聞けるのは良いですね。今回デブサミをこのように使ったのは初めてだったのですが、調べながらやるより全然効率が違いますね!

・任意の電話番号に発信するには、Trial account(いわゆる無料枠)から正規アカウントにアップグレードすればよい(Trial状態では、検証済電話番号にしかかけられない)
・Trail accountで使える範囲はだいたい5コールぐらい?
・発信時に相手に繋がった後の挙動や、他の電話からの着信で受けた時の挙動は、TwiMLというxmlを書かなければいけない
https://jp.twilio.com/docs/api/twiml
・TwiML (xml) は基本どこかにアップロードしておかなければならない
・日本の電話番号からだとSMSの発信ができないため、海外の番号を取る必要があり、この場合に通話料金がかさみがち