読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンチカツには醤油でしょ!!

ITエンジニア徒然 (AWS/Java/JavaScript/Google Spreadsheets/Jenkins/Mac/外部コミュニティ・勉強会レポ)

API Gatewayのリクエスト回数制限を上げる

API Gateway AWS

429 Too many requests...

AWS初心者向けです。
API Gateway便利ですよね。
さくっとhttpsAPIが用意できるところなんて本当ステキです。

で、Deployしてテストで何回か叩いてると
429 "Too many requests"
が出ることがあります。

要するにリクエスト回数が制限超えたよって事なんですが、
そもそもそんな設定した覚えがないよって場合や
設定はどこにあるのかって話です。

設定箇所はここ

f:id:ryoichi0102:20160413124839j:plain

サイドメニューから
APIs⇒【API名】⇒Stages をクリックし、
出てくる(サブ?)サイドメニューよりデプロイ名をクリック (画像では"i")
Stage Editorが表示されるので
Settingタブの中のThrotting Settingsにある
RateとBurst Limit
が設定値です。

ここを編集してSave Changesを押せば設定はできます。

それでも設定が有効にならないことがある

ここの設定値が明らかにリクエスト回数より多くても
Too many requestsが出ることがあります。

私ケースだと、同名でデプロイしなおしてもエラーがやはり出るなど。

そんな場合は別名でDeployしなおすことをおすすめします。

なお、下記のケースでは
Clone from APIでコピー作成(clone)すると、
clone先で変更した設定がclone元にも反映されてしまうなどもあるようです。

qiita.com