読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンチカツには醤油でしょ!!

ITエンジニア徒然 (AWS/Java/JavaScript/Google Spreadsheets/Jenkins/Mac/外部コミュニティ・勉強会レポ)

IFTTTでREST APIを用意してiPhoneに通知

前置き

前回はIFTTTで初めてのRecipe作成について紹介しました。
work withから選択すると予め公開されているRecipeしか使えないので
今回は新規作成と設定についてです。

そして、APIの入り口を作って、そこが叩かれたらiPhone(スマフォ)へ通知
というところまで紹介します。

ryoichi0102.hatenablog.com

手順です

メイン画面をスワイプしてMy Recipes一覧を表示させ
右上の+ボタンをタップします。(ここまでは前回と一緒)

f:id:ryoichi0102:20160323130154p:plain

今回はBrowseの最下部にある Create a Recipeをタップします。
(最初、これがなかなか発見できませんでした笑)

f:id:ryoichi0102:20160323130046p:plain

Create a Recipeが表示され、thisとthatの部分に+が表示されます。
まずはthis=何をトリガーとするか、の設定ですので
Start here!の所の+をタップします。

f:id:ryoichi0102:20160330125518p:plain

Select Triggerにて、どのサービスと連携させるかを選択するのですが、
APIを用意する場合は Maker を選択します。

ちょっと名前がわかりづらいですよね。
IFFF APIとかそんな名前で存在すると思っていたので
こちらも見つけるのに苦労しました。

f:id:ryoichi0102:20160330125717p:plain

ReCeive a web requestを選択します。

f:id:ryoichi0102:20160330125955p:plain

Channel ActivationではContinueをタップして
IFTTTとMaker Channelの連携を承認へ進みます。

f:id:ryoichi0102:20160330130129p:plain

ブラウザがたちがあり、承認処理が終わったら
Open in "IF"? ダイアログが出るのでOpenをタップして戻ります。

f:id:ryoichi0102:20160330130342p:plain

これで連携の承認が完了しました。
Doneをタップして次に進みます。

f:id:ryoichi0102:20160330130515p:plain

さぁ、ここが本丸とも言える設定部分です。
まずはイベントの名称を入力します。
ここでは"test_api"としています。

ここで入力するのは単純なイベント名でURLに含まれたりするものではないです。

f:id:ryoichi0102:20160330130632p:plain

これでthisの設定は終了です。
URLは後で取得しますよ。

そしてthen thatにあたる部分の+をタップします。

f:id:ryoichi0102:20160330131004p:plain

そして今度はSelect Actionの中から
IF Notifications を選択します。
これはスマフォへの通知ですね。

f:id:ryoichi0102:20160330131138p:plain

先ほどthisを設定した時と同じように進めます。
Send a notificationをタップ。

f:id:ryoichi0102:20160330131252p:plain

Continue

f:id:ryoichi0102:20160330131427p:plain

Done

f:id:ryoichi0102:20160330131513p:plain

なんてことはないですね。
次に通知センターにメッセージとして表示される内容を設定します。
{{EventName}} などプレースホルダーというかイベント変数というか
そういうものも使えます。

f:id:ryoichi0102:20160330131625p:plain

これで設定は完了です。
以降の手順で設定されたURLをコピーして叩いてみます。

f:id:ryoichi0102:20160330131816p:plain

設定されていることが確認できると思います。
ちなみに以下の例ではトグルボタンがオフになっているので
設定は無効状態になっています。
動かない時などはこういう所もチェックしてみて下さい。
(手順ではonのままにしておいてくださいね)

詳細を見るためにトグルスイッチの左側の
if Maker Channel then IF Notificationのあたりをタップしましょう。

f:id:ryoichi0102:20160330131929p:plain

Personal Recipeが表示されます。
設定に間違いがないか確認するためにCheck Nowを押しましょう。

f:id:ryoichi0102:20160330132136p:plain

はい。Recipe Chckedが表示されました。
OKですね。

f:id:ryoichi0102:20160330132349p:plain

いよいよAPIのURLを取得します。

My Recipesより右下の歯車マーク(設定)をタップします。

f:id:ryoichi0102:20160330132436p:plain

Settings画面よりChannelsをタップします。

f:id:ryoichi0102:20160330132540p:plain

Channels画面よりMakerを探してタップします。

f:id:ryoichi0102:20160330132621p:plain

Makerの詳細画面では、
Connected as として登録アカウント(メールアドレスのようなもの)
Your key is: の欄にキーが表示されます(これが重要で後で使うのでメモしておきます)

f:id:ryoichi0102:20160330182605p:plain

このYour key isのリンクをタップすると更に詳細画面へ遷移します。

f:id:ryoichi0102:20160330182720p:plain

ブラウザが立ち上がって詳細が確認できます。
Your key is: でキー
To Trigger an Event にてPOSTかGETリクエスト用のURL
JSON bodyの指定(オプション)
curl のコマンド (コピペ用)

Test itでもテストできるのですが、
せっかくなのでメモ帳に貼って踏んでみましょう。

f:id:ryoichi0102:20160330183002p:plain

メモ帳は保存するとそのままリンクになるので、これを踏みます。

f:id:ryoichi0102:20160330183142p:plain

ブラウザが立ち上がってAPIへのGETリクエストが送信されるやいなや
通知センターにてイベントの発生が確認できると思います。

f:id:ryoichi0102:20160330183151p:plain

 

できましたね!

これでAWSAPI Gatewayとかからも叩けるので
自由度が広がると思いますよ!