読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンチカツには醤油でしょ!!

ITエンジニア徒然 (AWS/Java/JavaScript/Google Spreadsheets/Jenkins/Mac/外部コミュニティ・勉強会レポ)

IFTTTで、はじめてのRecipe作成 (work withから)

前置き

前回はIFTTTの概要と登録までについて紹介しました。

ryoichi0102.hatenablog.com

実際に何か設定してみましょう

登録後はこんな画面になると思います

 

f:id:ryoichi0102:20160323130017p:plain

右にスワイプするとMy Recipes一覧が表示されます。

登録したレシピはここに表示されます。

追加するには右上の+ボタンをタップします。
(ユーザー設定などは右下の歯車マークをタップします)

f:id:ryoichi0102:20160323130154p:plain

画面に表示されているのはBrowseです。
Work Withは、then/thatにあたるサービスが決まっている場合に選択します。
Recommendedは、公開されているオススメのレシピです。
Collectionsは、シーン別のオススメです。
画面下部にCreate a Recipeとありますが、これが新規作成です。

今回はWork WithからDropboxを選択しましょう。

f:id:ryoichi0102:20160323130046p:plain

IFTTTがDropboxに接続してよいかの確認については
Connectをタップします。

f:id:ryoichi0102:20160323130237p:plain

Dropbox側にもIFTTTのアクセスを許可させる必要があります。
ブラウザに移るのでログインします。

f:id:ryoichi0102:20160323130249p:plain

アクセス許可をします。

f:id:ryoichi0102:20160323130302p:plain

Open in "IF"?でIFTTTに戻ります。
(IFTTTではある時からアプリをIFと呼ぶようになりました)

f:id:ryoichi0102:20160323131443p:plain

戻るとPOPULAR RECIPESが表示され
Dropboxに関連するメジャーなレシピたちが表示されます。

今回は4段目にあるSave a copy of new photos you take to Dropboxを選択します。

f:id:ryoichi0102:20160323130325p:plain

ここでレシピの詳細を確認してAddをタップします。

f:id:ryoichi0102:20160323130338p:plain

カメラロールへのアクセス許可が求められますのでContinueをタップします。

f:id:ryoichi0102:20160323130537p:plain

Recipe Createdが表示され、レシピが作成されました。

メジャーなレシピがコピーできるのが手軽で良いですね。
今回は他のレシピは作らないのでDoneをタップです。

f:id:ryoichi0102:20160323130624p:plain

メイン画面のサイドメニューであるMy Recipesに追加されています。
レシピをタップして詳細も確認してみましょう。

f:id:ryoichi0102:20160323130633p:plain

作成日、最終実行日が確認できます。
Check Nowはレシピが正常がどうかチェックします。
Editはレシピの編集を行います。
Deleteはもちろんレシピの削除です。

f:id:ryoichi0102:20160323130714p:plain

で、私はこれらのキャプチャを撮るためパシャパシャしてたので
こんな感じですぐにレシピが起動しました。

f:id:ryoichi0102:20160323130654p:plain

メイン画面では作成履歴や実行履歴が表示されます。

f:id:ryoichi0102:20160323130729p:plain

今回はレシピのコピー作成(work withから)でしたが、
次回はレシピの新規作成を紹介します。

 

ryoichi0102.hatenablog.com